FC2ブログ

(NBA)スパーズのバスケットボール

08 14, 2018
 久々の更新で突然バスケットボールの話題をするが、バスケを始めたわけではない。むしろこの1年、とくに大きな変化はない;ぼちぼちやってます。

 San Antonio Spursというチームをご存知だろうか。テキサス州サンアントニオにあるNBAチームである。NBA事情に明るくないので他チームのことが分からないが、ヘッドコーチも主要選手も長年変わらない家族的なチームで、街の人々にも大変に愛されている。
 実は以前、出張でサンアントニオのダウンタウンに行ったことがある。リバー・ウォークといって小川にぐるりと囲まれた所にカラフルなパラソルが並び、カフェやレストランが賑わっている。小川には観光船も廻っている(乗った(笑))。海外旅行に興味がない僕も、あの街はいっぺんに好きになった。・・・話が逸れたが、その街の店員さんたちも、スパーズのTシャツを着ている方がたくさんいた。ホテルにも写真が並んでいた。そんな人気チームである。
※詳しい方への補足:ここでは2014年前後のスパーズを念頭に置いている。僕がサンアントニオを訪れたのも2015年始めである。

 それでこのチームのプレー集を数年前からYouTubeでたまに見ているのだが、とにかくパスワークが流れるように美しい。ずっと見ていられるほどに。僕の休日を返せと言いたい(笑)




 敵味方同じ人数があの面積に密集していて、なぜこんなにも一方的にパスが通るのか?なぜこれほど動きもパスも速くて、ピッタリ合うのか?なぜいつの間にか外に完全フリーの選手が作れるのか?(そういう成功シーンをまとめているからだ、という至極真っ当なご意見はお受けしない)
 派手で強引に突破するプレーは求めず、とにかく堅実にパスを「もう1本、もう1本」つないでディフェンスを崩す意識を徹底しているそうだ。素人目に見ても、チームが機能するとはこういうことかと感嘆する。
 基本を忠実に、しかもそれを全員が高いレベルで実行するのは、最も難しく、また最も訓練が必要なやり方だと思う。そして間違いなく強い。このチームには一貫した哲学を感じる。スパーズもサンアントニオも、ぜひ一度ご覧あれ。

おまけ:ジノビリ(20番)のパス。ちょっと意味が分からない



スポンサーサイト



0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

がうす@仮住まい

Author:がうす@仮住まい

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ