FC2ブログ

「相手の立場で考える」・・・って本当?

08 16, 2017
 意見や価値観がぶつかった時、「相手の立場で考える」ことが大切であることは、ほとんどの人が知っている。実際に試みる人も多いだろう。しかしそれで解決することは稀だと思う。僕もさっぱりダメである。なぜだろうか?

 いつかラジオ番組(をYouTubeで)で聴いた話では、「相手の立場で考えている」つもりで、「あくまで自分の立場に立ったまま、自分が相手ならどうするかを考えている」に過ぎないからだということであった。なるほどそうかもしれない。似て非なるものである。
 自分が相手ならどうするかを考えてみる。「僕が○○さんなら、こうする/こういう言い方をするのに」とシミュレーションする。「それを一方的にああする/言うなんて、やっぱりあの人は配慮が足りない!けしからん!」となってしまったりする。極端な例かもしれないが、ありそうではある。
 確かにとても相手の立場や価値観を踏まえているとは言えない。むしろ悪く言えば無視しているに近い。「相手の立場で考えてみた上で義憤に駆られた気分」になっている分、タチが悪い。少なくとも物事が解決に向かうとは考えにくい。

 そもそも、意見や価値観の対立が見えている状況において、本当に相手の立場で考えるのは極めて困難である。少しムッとしたりして、自説を主張して説得しようとしがちである。自分の価値観を守ろうとする時、人は攻撃的になる。
 しかし、もし相手の立場に立って考えてみる気があるのであれば、むしろ相手の話や表情からできるだけ情報を読み取るのが先である。そうしないと相手の立場なんて分からないのが普通だからだ。別に自説の先手必勝ゲームをしているわけではない。冷静に一呼吸待つ余裕を持ちたいものである。

スポンサーサイト



0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
0 Trackbacks
Top
プロフィール

がうす@仮住まい

Author:がうす@仮住まい

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
かうんたー
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ